診療内容CONTENTS

心臓血管外科

心臓血管外科では、心臓および大血管・末梢血管疾患の亜急性期〜回復期、そして維持期・慢性期の方を対象に治療を行っています。

外科的治療を受けた方だけではなく、慢性疾患、特に慢性心不全の方にも積極的に心臓リハビリテーションを行っています。慢性心不全は、高血圧や不整脈からも起きる可能性があり、生活習慣の管理が極めて重要です。そのためには、運動療法だけではなく生活指導も含めたリハビリテーションを施すことが必須であると考えております。

また、心疾患を患っている方の中には睡眠時無呼吸を認める場合もありますので、当院では睡眠時無呼吸症候群の検査も実施しています。

心臓血管外科

代表的な対象疾患

薬物治療や
リハビリテーションでの治療
  • 成人心臓弁膜症
  • 心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患
  • 大動脈瘤などの大血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症などの末梢血管疾患
  • 心房細動やペースメーカー移植後などの不整脈疾患
外科的治療
(手術を実施)
  • ペースメーカーの電池交換術
  • 下肢静脈瘤に対する硬化療法やカテーテルによる高周波焼灼術

外科

切り傷、すり傷などの傷の手当、小サイズの腫瘤の摘出術、深い褥瘡に対する壊死組織除去などを行っています。打撲、ねんざなどの外傷も診察いたします。

ただし、レントゲン撮影で骨折が認められるような場合には、専門病院をご紹介させていただいております。

一般外科

内科

風邪や頭痛、腹痛などの日常生活で一般的にみられる症状だけではなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の診療も行っております。また、高熱を伴う肺炎や熱中症に代表される脱水症などに対する入院治療も可能です。リハビリテーション科で治療を受けている方の中には、しばしば骨粗鬆症を患っている方がいらっしゃいます。当院ではDEXA法を用いて正確に骨密度を測定し治療方針を決定しています。月1回や6ヶ月1回の注射治療も実施しております。また、週に1度、老年科専門医による「物忘れ外来」も行っています。薬物治療だけではなく環境整備に至る点までお話をさせていただいています。その他、様々な疾患に対する診療及び治療も行いますので、お気軽にご相談ください。

内科

リハビリテーション科

リハビリテーション(rehabilitation)は再び(re)適した(habilis)状態になることといわれ、身体的・精神的・社会的に最も適した生活水準の達成を可能にすることです。

当院では主に心疾患を見据えての心臓リハビリテーションを行い、心疾患の悪化を防ぎ、健やかに生活できることを目指しております。また、心臓以外の血管系の疾患のリハビリにも対応しております。心臓リハビリテーションにおいては心肺運動負荷試験(CPX)を行って至適な運動負荷量を決定しています。心疾患や他の血管系疾患において、しばしば認められる嚥下機能障害に対しても積極的に嚥下造影検査などで評価を行い、治療方針を決定しております。

リハビリテーション科

リハビリ機器紹介

  • thumb01
  • thumb02
  • thumb03
  • thumb04
  • thumb05
  • thumb06
  • thumb07
  • thumb08